低金利で注目されているおまとめローンをセレクトするときは…。

ローン情報に必ず載っている総量規制とは、「業者が個人に対して度が過ぎた貸付をすることがないように!」という目的で、「個人の借入金の合計額が年収の3分の1以下でなければいけない」というように制限した貸付のルールとなります。消費者金融でお金を借りることになった場合でも、融資額によっては収入証明書は不必要となります。大手の消費者金融では、基本的に50万円以内の借金であれば、不要となっているようです。ここぞという時に力になってくれるのがキャッシングの有り難いところですが、どうせ借りるのであれば、若干でも借り入れの負担を軽減できるよう、無利息キャッシングを謳っている金融業者を活用するのが一番です。確かにお金を貸すことをしますが、銀行は「貸金業者」ではないとされており、文字通り「銀行」ですので、貸金業法に縛られる対象ではないのです。要約すれば、銀行からの融資は総量規制の壁に阻まれることはないのです。カードローンで一番気に掛かる金利について言うと、表面上の数字を並べて比較すると勘違いすることがあり、現実に契約を交わしたときに適用される金利に注目することが必要不可欠です。銀行というのは「貸金業者」とは異なるとされ、何はともあれ「銀行」なので、貸金業法対象事業者にはならないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です